兵庫県宝塚市の武田尾地区。西宮市との境目でもあり、JR宝塚線で宝塚から三田に至るまでに通る山中地帯であり、武田尾温泉でも知られる
地区に作られる計画がある巨大ダムの武庫川ダムについて、建設中止が事実上確定されたとのこと。

産経の記事については以下を参照ください。





目的が治水とレクレーションという。さすがに自然の状態でレクレーション利用されているだけに、レクレーション目的のダムというのでは納得しがたいものがある。
この武庫川ダムについては中止することに意義を唱える大きな動きは聞かない。よって、こういうケースならば中止することに問題ないだろう。

ただ兵庫県が箱物ダムを造るのが目的であり、実は治水はあまり必要がなかったというのならば、まったくそれらのケアは不要ではあるが、そうではないならば、下流域の尼崎市西宮市における低地住民に対するケアは必要なのは言うまでもない。
兵庫県によると堤防を強化するという話だが、どうなるか?